特集!今人気のクレンジングを比較!!マナラホットクレンジングゲルvsフルリクリアゲルクレンズ

種類別で選ぶクレンジングランキング

テクスチャ別で今人気のクレンジングランキングをご紹介します。

肌に優しいクレンジングといえば、
「無添加」で肌に優しい洗浄成分が注目されますが、

メイクを落とすときゴシゴシする摩擦も皮膚を傷めて、
乾燥や肌トラブル、老化の原因になります。

メイクを落とす女性のイメージ。ゴシゴシ擦ると刺激になる。クレンジングは毎日の事だから刺激の蓄積は避けたい!

クレンジングは毎日の事ですから、せっかく肌に良いクレンジングを選ぶなら、良いものを肌にやさしいまま使いたいですよね♪

クレンジングのゴシゴシ摩擦による刺激。テクスチャ別に。オイル・リキッド・拭き取りは和らげない。ジェル・クリームはまあまあ。ゲル・バームは摩擦による刺激を和らげる。

リキッドやオイルはほぼ水に近く、メイクを浮かすときに肌をゴシゴシする刺激が加わりやすいです。拭き取りタイプはコットンのゴシゴシ摩擦がダメージになりやすいので、使うときは「コットンに十分にクレンジング液を含ませて、スーッと優しく拭き取る」ように使うのがポイントです。

また、そういった摩擦による刺激を抑えるのに一昔前は、ジェルやクリームがおすすめとされてきました。
美容系の書籍なんかでも、これは定番です。

ただ、最近ではゲルや、バームのクレンジングが人気を集めています!
そして、最近では品数も増えてきていますので、「今までと違うクレンジングを試してみようかな」という方にもおすすめです♪

選ぶ前に知っておきたい!ゲルとバームの各特徴

ゲルはジェル状のテクスチャに粘性が増して、弾力のある感じです。

それに比べ、バームは体温でトロ〜っととろけてクリームのように変化します。クリームタイプのクレンジングに比べ、こちらも粘性が高くバーム自体がクッションになってゴシゴシ摩擦を和らげてくれます。

写真。ほど良い粘性がクルクル摩擦をクッションになって和らげるクレンジングゲルと、クリームより粘性があって優しい体温でとろけるクレンジングバーム

その他の特徴ですが、

複数使ってみて共通していると感じる点は、

ゲルタイプは、ジェルのようにサッと馴染む感覚です。
また、洗浄力がマイルドで中にはアイメイクが苦手なものもあります。

バームタイプは、クリーム慣れしている方は使いやすいでしょう。
また、バームはどれもメイク浮きが良くて、アイメイクもスルンと落ちるものがほとんどです。(どれもまつエクには使えません。)

特徴から、どちらかに絞って選ぶと満足度も高まると思いますよ♪

ホットクレンジングランキング

ポツポツ・ブツブツした毛穴の黒ずみが気になる方にいま人気のホットクレンジング。
今注目の集めているホットクレンジングは新しいものも出てきているので要チェックです♪

 

スクラブ洗顔ランキング

メイクを落としながら老化角質ケアもできる、スクラブが入ったクレンジング!
最近化粧ノリが悪い、くすみが気になる、ガサガサしてハリがない...、洗顔だけでケアできるから忙しい方にも人気です!

 

オイルタイプランキング

定番のオイルタイプクレンジングは洗浄力の高さが特徴です。
がっちりメイクをする方や、オイリー肌の方にお勧めです。

 

リキッドタイプランキング

人気のリキッドタイプは、水の力で優しく汚れを落とすのが特徴。
オイルフリーなのは勿論、無添加のものが多いので敏感肌や乾燥肌の方に人気です。

 

ジェルタイプランキング

ジェルタイプは、IKKOさんが愛用するクレンジングに代表されるように無添加で肌にやさしいものが多く、美容成分も配合されているものは全ての肌質の方に人気です。

 

バームタイプランキング

バームタイプは固形ですが、手に取ると肌の上でスーッととろけて素早く馴染むのが特徴。
しっかりとケアしたい方にお勧め!液ダレしないのでピンポイントで使うにも適しています。

 

ゲルタイプランキング

とろみがありながらドロッとしたジェルよりも硬めの独特のテクスチャ。
粘性が化粧汚れはもちろん、洗顔後に毛穴に変化を実感した方が多い今話題のクレンジング。

 


肌質で選ぶ テクスチャで選ぶ

 

クレンジング特集 洗顔について
クレンジング特集 肌質別ランキング メイク落としテクスチャタイプ別

クレンジングmenu

クレンジング基礎知識

素肌の為の基礎知識